今の本は本当に早く読める。

とても簡単に読める本ですけど、結構学ぶことが多い内容でした。

1冊は1時間もかからないで読めてしまいます。


画像の説明

ベリッシモ・フランチェスコ氏の「誘う技術」

目的を持って誘う。
相手の身になって誘う
お金をかけるところを見極める。

分かりやすく考え方と行動を具体的に示してくれる。
すぐにでも行動できるレベルまで噛み砕いてくれているところがいいですね。
巷にある成功本の持って回った書き方がまったくない。
リーダーシップは結局のところ巻き込み力。
そのために誘う技術を身につける、技術というか考え方ですね。

「伝え方が9割」

コピーが簡単に作れる。
アッ、こんなことでいいのだと、自信が持てる1冊。

「億万長者はここを見ている」
楽しく、生き生き生きるための考え方。
これも優しく、分かりやすく書いてくれている。
自分にとって豊さとはなにか、お金だけを追い求めても不安やストレスから逃れられない。
何が大切なのか、お金があっても貧しい人もいれば、お金がなくても豊かな人もいる。
小さな一歩主義がいいですね。
小さなステップを繰り返すことで、自尊心を高め、目標に近づき、豊かな人間になる。
訓練で特に必要な考えです。

人間の行動や思考は、すべて記憶から出てくる。
記憶は情報のつながりの中でしか保つことができない。
そうであればいかに多くの情報のネットワークを作るかが鍵になる。

多読が、情報のネットワークを豊かにし、記憶や多面的な視点を高めてくれる。

読む概念をがらっと変えて、多読の楽しさをご一緒に。
押し付けられた、苦しい読書を楽しく。
何となくを、目的を持って。

6月15日(日)、21日(土)、27日(金)にやります。
場所は渋谷駅近く
SpeedReading

コメント


認証コード9975

コメントは管理者の承認後に表示されます。