かたつむり、とカタツムリ、全く印象が違いますね。

朝、ウォーキングの山道で、カタツムリに出会った。
こんな大きなかたつむりは小学校以来の出会い。



画像の説明


生まれ育った北九州では、小学校のときは結構大きいのがいたな~。
そのカタツムリをいっぱい集めてプラスティックの水槽に入れて持ち歩いていた。

子供はなんであんなもの集めるのが好きなんですかね。

「カタツムリ」と「かたつむり」って全然印象が違う。

「カタツムリ」はどちらかというと殻の方にイメージが行く。
「かたつむり」はあの体と角にイメージが飛んでいく。

言葉にひもづけられた感覚って面白いですね。

これをエスカルゴっていうと、よだれが出てくる。

あのガーリックバターの香りと、レストランの雰囲気、まったく違う感覚が体の中によみがえる。

ガーリックだってそうですよね。ニンニクというと、臭い、におい、オヤジ、ホルモンがつながってくる。

ガーリックは香り、白い皿、フォーク、パスタ。

そうかといって、「昨日ガーリック食べちゃってさー」とか言うとなんだか、うざい!!。

自分の言葉にどんな感覚がつながっているのか?
今の感情はどんな言葉がトリガーになっているのかを少し感じてみると面白いですよ。

コメント


認証コード7942

コメントは管理者の承認後に表示されます。