メディカルアロマテラピー

アロマテラピーには二種類あることをご存じでしょうか?

皆さんがよくご存知の、花やハーブの香りの効果でほっとリラックスする
イギリス式「アロマセラピー」。

そしてもう一つは、
私たち日本メディカルアロマテラピー協会が提唱・啓蒙している

フランス式「メディカルアロマテラピー」です。

アロマ精油


名前の通り、メディカルアロマテラピーは香りだけではなく、精油の力で病気になる前の不調な体のケアや、病気とは認められない症状を改善する「代替医療」です。


そもそものアロマテラピーは、1928年フランスの科学者ルネ・モーリス・ガットフォセが、実験中にやけどをした際にラベンダーの精油を用いたことから生まれました。

ラベンダー・アングスティフォリア№2
『アロマテラピー』と名付けて出版したこの療法が、メディカルアロマテラピーの起源です。

さらに1961年、精油を植物油に希釈(薄めること)してマッサージする方法が編み出され、美容やストレス解消・癒しを目的とするアロマテラピーが提唱されました。これがイギリスに伝わりましたが、医療としては認められずに、リラクゼーションとしてのアロマテラピーが定着したのです。

特に日本ではフランス式はとても少なく、マッサージや癒しがアロマテラピーの代名詞になっていますが、「メディカルアロマテラピー」は成分を直接体に取り込み、治療するので、効果の違いはいうまでもありません。

みなさんも、ぜひメディカルアロマテラピーに触れ、その効果を実感してみてください。
アロマオイル
精油はプラナロム社のエッセンシャルオイルを使用しています